ゴミ箱の中のメモ帳

まだ見ぬ息子たちへ綴る手記

Macのスクリーンショットがわかりづらすぎる

いやマジで。

比較するのに最適ではないが、WindowsPCであればだいたい「Print Screen」キーがあり、それを押せばスクリーンショットが取れるということがわかる。キーの名前を見れば何をするキーかがわかるというところまでは行かないが、一度「Print Screenを押せばスクリーンショットが取れる」と聞いたら、次回以降も、間が開いたとしても簡単に思い出せると思う。

だが、Macのキーボードにはそのキーがない。その機能を代替するキーもない。

Macを買ったら最初に読む本 OS X Lion対応版

Macを買ったら最初に読む本 OS X Lion対応版


そんなMacでスクリーンショットを撮るには、キーボードショートカットを使って操作するようだ。しかし、そのショートカットがあまりにもわかりづらい。

例えば、コピーのキーボードショートカットは「C-c」と、「コピー」なので「c」とショートカットでも覚えやすくわかりやすい。

だが、Macのスクリーンショットのキーがわかりづらい。致命的なほどに。

スクリーンショット部位 ショートカット
画面全体 command (⌘) + shift + 3
画面の一部を選択 command (⌘) + shift + 4
特定のウインドウを選択 command (⌘) + shift + 4 の次に Space

これはわかりづらい。わかりづらいだけではなく、3つのキーを同時押しとかなり複雑なショートカットになる。Adobe式。2つのキーを同時押しなショートカットはアプリケーションに明け渡すのがいいかもしれないし、同じ理由でアルファベットキーではなく、数字キーを利用しているのかもしれないがこれは覚えづらい。
一度説明されても次の日には忘れていそうなショートカット。頻繁に使うショートカットであれば1日に何回も使うので次第に覚えられるが、スクリーンショットは、少なくとも私は週に数度撮るか撮らないかと言う頻度になるので、記憶はできそうにない。

このショートカットが「Macを使いこなそう スクリーンショットを撮る」や「OS X:スクリーンショットを撮る方法」でも説明されているので、このショートカット以外にアプリケーションとしてスクリーンショットを撮るユーティリティーは用意されていないようだ。(未確認)


無理矢理の覚え方としては、

画面全体 サンハイ、ハイチーズの3
画面の一部を選択 スクリーン"ショ"ットの4
特定のウインドウを選択 スクリーンショットの"スペース"を指定する

みたいな感じとなった。これを覚えている方はどのように覚えたか教えていただきたい。

Macのキーボードはファンクションキーがディスプレイの輝度調整やボリューム調整に割り当てられているが、手元のキーボードではF5とF6が何も割り当てられていない。ここに割り当ててくれればよかったと思う。ディスクのイジェクトなんてそれだけで1つのキーを新たに作成しているし……。

Macに強くなる厳選テクニック237技【CD-ROM+小冊子24P】 (LOCUS MOOK)

Macに強くなる厳選テクニック237技【CD-ROM+小冊子24P】 (LOCUS MOOK)


Macスタートガイド OS X 10.8 “Mountain Lion

Macスタートガイド OS X 10.8 “Mountain Lion"対応


Mac for Beginners 最新版 (100%ムックシリーズ)

Mac for Beginners 最新版 (100%ムックシリーズ)